せるくる(公式ホームページ)|フレンチトースト専門店 自家製食パンのフレンチトースト専門店『せるくる』では【幸せな気持ちになれる最高のフレンチトースト】をお届けするために、北海道産の小麦粉や天然酵母をはじめ、使用する全ての原材料を無添加にこだわり、一つ一つ心を込めて作っております。出来たての味を閉じ込めた真空包装により冷凍庫で1ヶ月はおいしさそのまま保存していただけます。

簡単SDGsレシピ:専門店が教えるエコなフレンチトースト

現在、持続可能な開発目標(SDGs)への関心が高まる中で、私たちの食生活も見直す必要があります。本記事では、エコなフレンチトーストのレシピを通じて、食品ロスを減らし環境に優しい調理法を学びます。基本的なレシピ紹介から始まり、余った材料や季節の食材を活用したアレンジ方法、さらにはバターや牛乳の代替品の提案も含まれています。また、食品ロスを減らすための工夫や調理後のゴミの処理方法、環境に優しいラッピングと保存方法についても詳しく解説します。この記事を読むことで、エコの意識を高めながら美味しいフレンチトーストを楽しむ術を学び、多くの環境問題に対する具体的なアプローチが得られるでしょう。SDGsを意識した食生活が身近に感じられること間違いありません。ぜひ、ご家庭で取り入れてみてください。
 

エコなフレンチトーストの基本レシピ

エコなフレンチトーストの基本レシピを紹介します。エコを意識した料理は、環境に優しいだけでなく、経済的にも優れています。今回のレシピでは、なるべく身近な材料を使い、調理過程での無駄を最小限に抑える方法をお伝えします。家庭で手軽に作れるよう工夫していますので、ぜひお試しください。
 

必要な材料

まず、エコなフレンチトーストのための材料を用意しましょう。基本的な材料は以下の通りです:

  • 古くなったパン:フレンチトーストには、少し硬くなった残り物のパンが最適です。食品ロスを防げる上、硬いパンがミルクと卵の混合液をよく吸収します。
    ポイント
    「フレンチトーストに適したパンはありますか?」と尋ねられることがあります。私は食パンが好きですが、バゲットやサワードウもおすすめです。固めのパンの方が卵液をよく吸収し、ふんわり仕上がります。
    食パンを選ぶときは、しっとり柔らかな高級食パン(高加水のもの)は避けた方がよいでしょう。
     
  • 卵:2個。卵はフレンチトーストのコクと柔らかさをもたらします。
  • 牛乳または代替ミルク:1カップ。ここでは、アーモンドミルクやオーツミルクなど植物性のミルクも使用できます。
  • 砂糖:大さじ1。健康を意識するなら、砂糖の量を減らしたり、はちみつやメープルシロップを使うのも良いでしょう。
  • バニラエッセンス:お好みで。風味を豊かにしたい方は小さじ1。
    ※せるくるでは使用しておりません。
  • シナモン:お好みで。シナモンはフレンチトーストの風味を引き立てます。
     

調理器具の準備

次に、必要な調理器具を準備しましょう。効率的な調理を行うために、以下の器具を揃えてください:

  • ボウル:卵やミルクを混ぜるための大きめのボウルが一つ必要です。
  • 泡立て器:卵とミルクをしっかりと混ぜ合わせるために使います。
  • バット:パンを浸すために使います。
  • フライパン:できれば、エコフライパンやノンスティック加工のフライパンを使うと、少ないバターや油で調理できます。
  • フライ返し:パンをひっくり返すために必要です。
  • 計量カップとスプーン:調味料や液体を正確に計量するために使います。
     

基本の作り方

それでは、実際にフレンチトーストを作ってみましょう。以下に基本の作り方を詳しく説明します:

  1. 卵液を作る
    ボウルに卵を割り入れ、泡立て器でしっかりと混ぜます。次に、牛乳(または代替ミルク)を加え、再びよく混ぜ合わせます。砂糖、バニラエッセンス、シナモンを加えて混ぜ続けます。

    ポイント  

    ザルか茶こしを使い、卵液をこしながらバットに移します。撹拌しきれなかった卵を取り除くことで、液がパンに浸み込みやすくなり、表面の焼き上がりもきれいになります。

     

  2. パンを浸す
    古くなったパンを卵液に浸します。パンがしっかりと液を吸収するように、片面ずつ放置します。パンが柔らかくなり、卵液が全体に行き渡ったら準備完了です。

    ポイント  

    竹串などで耳に近いところに穴を空けると液がしみやすくなります。

  3. フライパンで焼く
    フライパンに少量のバターを中火で溶かします。ここで焦げないように注意してください。バターが溶けたら、浸したパンをフライパンに置きます。片面がきつね色になるまで3~4分焼き、その後フライ返しを使ってひっくり返します。もう片面も同様に焼きます。
     
  4. 仕上げ
    両面がきつね色でカリッと焼けたら、フライパンから取り出し、余分なバターや油をキッチンペーパーで軽く拭き取ります。
     
  5. サーブする
    フレンチトーストをお皿に盛り付け、お好みでフルーツやシロップ、粉砂糖をトッピングして完成です。 
     

この基本のレシピを応用して、さまざまなバリエーションを楽しむことができます。例えば、フルーツを混ぜたり、ナッツやドライフルーツを追加したりすることも可能です。エコを意識した材料選びで、美味しさと環境保護を両立させることができるのです。
 
 
 
 

エコを意識したアレンジ方法

エコを意識した料理は、環境に優しいだけでなく、家庭の食品ロスを減少させる助けになります。フレンチトーストはその代表的な例です。基本のフレンチトーストの作り方を少しアレンジすることで、食材を無駄にしないエコなレシピを楽しむことができます。以下に、エコを意識した具体的なアレンジ方法を紹介します。
 

残り物から作る美味しいフレンチトースト

冷蔵庫に残っている食材を活用して、美味しいフレンチトーストを作る方法があります。例えば、古くなったパンはフレンチトーストを作るのに最適です。少し固くなったパンでも、卵液にしっかりと浸すことでふっくらと美味しく仕上がります。冷蔵庫に余っている野菜や果物も追加することで、風味豊かな一品に変わります。

例えば、りんごやバナナを薄くスライスし、パンと一緒に焼くことで自然な甘みが加わります。また、残ったシナモンやナッツをトッピングとして使うと、香ばしさが増し、食感も楽しむことができます。このように、余り物を有効に活用することで、食品ロスを減らしながら美味しい食事を楽しむことができるのです。
 

季節の食材を活用

季節の食材を使うこともエコなアレンジのひとつです。旬の食材は、その時期に最も美味しく、栄養価も高いのが特徴です。また、季節の食材を使うことで、輸送や保存にかかるコストやエネルギーも削減できるため、環境に優しい選択となります。

例えば、春にはいちごやサクラんぼを使ったフレンチトーストがおすすめです。新鮮ないちごやサクラんぼを乗せることで、見た目も鮮やかで華やかな一品になります。夏には桃やブルーベリーを使い、爽やかな風味を楽しむことができます。秋にはカボチャやリンゴを使ったフレンチトーストがぴったりです。カボチャをピューレにして卵液に混ぜると、ほんのり甘い秋らしい味わいが楽しめます。冬には柿やオレンジなどの柑橘類を使って、ビタミンCたっぷりのフレンチトーストを作ると良いでしょう。
 

バターや牛乳の代替品

フレンチトーストを作る際に欠かせないバターや牛乳ですが、エコを意識するなら、これらの代替品を使うことを考えてみましょう。植物由来の食材や持続可能な製品を使うことで、環境への負荷を軽減することができます。

例えば、バターの代替品としてココナッツオイルやオリーブオイルを使うことができます。これらのオイルは、バターに比べてコレステロールが少なく、ヘルシーで環境に優しい選択です。また、牛乳の代わりに豆乳やアーモンドミルクを使うこともおすすめです。これらの植物性ミルクは、乳製品に比べて生産過程での環境負荷が少なく、ビーガンの方にも適しています。

さらに、蜂蜜やメープルシロップを使って甘みを加えると、自然で優しい甘さが楽しめます。これらの代替品を使うことで、フレンチトーストの新しい美味しさを発見できるとともに、地球にも優しいレシピを実現することができます。

フレンチトーストをエコに楽しむためのアレンジ方法をご紹介しました。残り物の活用、季節の食材の利用、バターや牛乳の代替品の使用など、ちょっとした工夫で環境にも胃袋にも優しい一品が完成します。ぜひ、次回の朝食やおやつにこれらのアイデアを取り入れてみてください。
 
 

エコ意識を高めるヒントとコツ

エコ意識を高めることは、私たちが日常生活の中で環境に与える影響を最小限に抑えるために非常に重要です。ここでは、エコな生活を実践するための具体的なヒントとコツを紹介します。ポイントは、楽しく続けられる方法で環境に優しい選択をすることです。
 

食品ロスを減らす工夫

食品ロスを減らすことは、地球に優しい生活を送る第一歩です。家庭でできる具体的な工夫をいくつかご紹介します。まず、食材は計画的に購入することが大切です。食事のプランを立て、そのプランに基づいて必要な量だけを購入するよう心掛けましょう。

さらに、食材を無駄なく使い切れるレシピを活用することも有効です。たとえば、野菜の皮や茎を利用してスープやクッキーを作ることができます。また、賞味期限が近い食材は優先的に消費するようにし、冷凍保存などを利用して長持ちさせることが可能です。

食べ残しが出た場合は、別の料理にリメイクするのも良いアイデアです。例えば、前日の余ったカレーを使ってカレードリアにしたり、残った鶏肉を使ってサラダにアレンジしたりすることができます。これにより、食品ロスを大幅に削減できるでしょう。
 

調理後のゴミの処理方法

調理後に発生するゴミを適切に処理することもエコ意識を高める一環です。生ごみは堆肥に変えることができます。家庭用コンポストを活用して生ごみをリサイクルし、家庭菜園の肥料として使うのがおすすめです。これにより、ごみの量を減らし、家庭菜園での新鮮な野菜の育成にも役立てることができます。

また、リサイクル可能なものを分別する習慣をつけることも大切です。プラスチック、金属、ガラスなど、地域のリサイクルルールに従って分別することにより、素材の再利用が促進されます。リサイクルしにくい素材は使用を控え、代替品を探すよう心掛けましょう。

さらに、油をキッチンの排水口に流さないことも重要です。使用済みの油を固めて燃えるごみとして処理するか、市販の油吸収シートを使うことで、排水管の詰まり防止や水質汚染を防ぐことができます。
 

環境に優しいラッピングと保存方法

食品や商品の保存やラッピングには、環境に優しい方法を選択することができます。プラスチック製のラップやバッグの代わりに、布製のラップや蜜蝋ラップを使うことをおすすめします。これらは再利用可能で、使い捨てプラスチックの消費を大幅に減らすことができます。

ガラス瓶やステンレス容器を活用して食品を保存することも効果的です。これにより、食品を新鮮に保つことができるだけでなく、長期的に見てコスト効率も良くなります。さらに、冷蔵庫の整理整頓を行い、購入した食品を見える場所に置くことで、食材を無駄なく使い切る手助けとなります。

ギフトのラッピングにおいても、使い捨て素材ではなく、再利用可能な布や新聞紙などを用いると良いでしょう。これにより、包装紙のゴミを減らしつつ、独自の個性を発揮できる素敵なラッピングが完成します。

このようなエコフレンドリーな方法を日常生活に取り入れることで、私たち一人一人が環境保護に貢献できるのです。小さな工夫や選択が、地球の未来を大きく変える力になることを忘れずに、楽しくエコな生活を続けていきましょう。

せるくる|フレンチトースト専門店

せるくる(公式ホームページ)|フレンチトースト専門店

お取り寄せができる天然酵母のフレンチトースト専門店せるくるでは、島根の松江から全国の皆様にいつでも楽しく安心してお召し上がりいただけるよう、厳選【無添加】食材のみを使用しています。焼き立てを急速冷凍し美味しさを凍じ込めるため、無添加でも長期間保存でき、温めるだけで簡単に焼き立ての味わいをお楽しみいただけます。

店名 せるくる
住所 〒690-0001
島根県松江市東朝日町627-3
電話番号 0852-33-7786
営業時間 毎週日・月曜以外 10-17時
下記のカレンダーをご確認ください
代表者名 尾添 哲也(オゾエ テツヤ)
E-mail info@serukuru.net

コメントは受け付けていません。

メロンパンnaフレンチトースト
珈琲フレンチトースト

せるくる(公式ホームページ)|フレンチトースト専門店 自家製食パンのフレンチトースト専門店『せるくる』では【幸せな気持ちになれる最高のフレンチトースト】をお届けするために、北海道産の小麦粉や天然酵母をはじめ、使用する全ての原材料を無添加にこだわり、一つ一つ心を込めて作っております。出来たての味を閉じ込めた真空包装により冷凍庫で1ヶ月はおいしさそのまま保存していただけます。

〒690-0001
島根県松江市東朝日町627-3

/ 0852-33-7786

10-17時 定休日:日・月・火

MAPを見る
このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: フィードが見つかりません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。