せるくる(公式ホームページ)|フレンチトースト専門店 自家製食パンのフレンチトースト専門店『せるくる』では【幸せな気持ちになれる最高のフレンチトースト】をお届けするために、北海道産の小麦粉や天然酵母をはじめ、使用する全ての原材料を無添加にこだわり、一つ一つ心を込めて作っております。出来たての味を閉じ込めた真空包装により冷凍庫で1ヶ月はおいしさそのまま保存していただけます。

エコな食材使用!SDGsを意識したフレンチトースト

近年、持続可能な社会を目指す取り組みが重要視されています。その中でも食材選びと調理法に焦点を当てたエコフレンドリーな食文化の提案は、私たちの日常生活に直接関わるテーマです。この記事では、SDGs(持続可能な開発目標)の観点から、地球環境を守りながら楽しむことができるフレンチトーストの作り方について詳しく解説します。まず、SDGsの基本概念と食材に関する目標について理解を深め、それに基づいてオーガニック食材の選び方やフードロスを減らすリサイクル食材、地元産食材の利用法を紹介します。プラスチックフリーの調理器具や持続可能な食品保存方法も解説し、エコな視点からの具体的な調理手順に進みます。美味しさと環境配慮を両立したトッピングアイデアや家庭で始められるエコ料理のヒントも満載です。このガイドを通して、読者は日常の食事から持続可能な生活習慣を実践する方法を学び、より大きなコミュニティへと広める手助けとなるでしょう。
 
 

SDGsとは何か

SDGs(持続可能な開発目標)は、国際連合が2015年に定めた17つの目標と169のターゲットから構成されるグローバルなアジェンダです。これらの目標は、貧困の撲滅、地球環境の保護、そして全ての人々に繁栄を享受させることを目的としています。SDGsは、2030年までに達成することを目指しており、全ての国や地域、そして個々の市民が関与する必要がある中で、各目標は相互に関連し合い、一つの全体的なビジョンとなっています。
 

SDGsの基本概念

SDGsの基本概念は、環境、経済、社会の三つの側面を調和させた持続可能な発展です。このアプローチは、人間の基本的な権利と地球の健全性を両立させることを目的としています。具体的には、貧困と飢餓の撲滅、健康と福祉の向上、質の高い教育の提供、ジェンダー平等の推進、持続可能な経済成長と雇用創出、気候変動への対策などが挙げられます。

例えば、貧困の撲滅(目標1)は、経済的な貧困だけでなく、飢餓や教育の欠如、社会的排除なども含むため、他の目標と密接に結びついています。また、気候変動への対策(目標13)は、地球全体の環境保護のみならず、人々の生活環境を持続可能にするための重要な要素です。このように、一つの目標を達成するだけでは全体の持続可能な社会を実現することは困難であり、各目標が連携して機能することが求められます。
 

食材に関するSDGsの目標

食材に関するSDGsの目標では、特に持続可能な農業の推進、フードロスの削減、そして栄養価の高い食材の確保が挙げられます。これに関連する目標として、目標2の「飢餓を終わらせ、食糧の安全性を確保し、栄養状態を改善し、持続可能な農業を促進する」ことが代表的です。

持続可能な農業は、環境に負荷をかけずに生産を続けることができる方法を指します。例えば、オーガニック農業やアグロエコロジーなどの手法があります。これにより、土壌の劣化を防ぎ、生物多様性を維持しつつ、食糧の供給を安定させることが可能になります。また、地域の農家を支援することで、地元経済にも貢献します。

フードロスの削減は、食品が無駄になることを防ぐための取り組みです。これは、目標12の「持続可能な消費と生産の確保」に関連しています。フードロス削減のためには、食品の計画的な購入、賢い食品管理、そしてリサイクル可能な食材の利用が重要です。例えば、家庭で余った食材を使ったレシピの開発や、賞味期限が近い食材の優先利用などが考えられます。

さらに、栄養価の高い食材の確保は、特に健康に直結する重大な課題です。栄養不足は、発展途上国だけでなく、先進国でも問題となっています。バランスの取れた食事を提供するために、様々な食品の栄養価を見直し、地域ごとの食文化に適した健康的な選択肢を提供する必要があります。これにより、目標3の「全ての人に健康的な生活を提供し、福祉を推進する」ことが促進されます。
 
 

フレンチトーストに使用するエコな食材

エコで持続可能な食材を活用したフレンチトーストの作成は、環境への配慮だけでなく、健康にも優れた選択です。ここでは、エコなフレンチトースト作りに役立つオーガニック食材の選び方、フードロスを減らすリサイクル食材の活用法、そして地元産の食材の利用について詳しく解説します。
 

オーガニック食材の選び方

オーガニック食材は農薬や化学肥料を使わずに栽培された作物や、抗生物質や成長ホルモンを使用しないで飼育された動物から得られる食品を指します。フレンチトーストの主要な材料であるパン、卵、牛乳をオーガニックにすることで、身体に優しいだけでなく、持続可能な農業を支援することができます。オーガニック食材を選ぶ際は、有機認証マークが付いた商品を選ぶと良いでしょう。これにより、有機的な製法が保証され、より持続可能な生活スタイルを追求することができます。また、市場や食品店で地元の無農薬農家との直接の取引を行い、流通過程でのエネルギー消費を減少させることも重要です。
 

フードロスを減らすリサイクル食材

フードロスは環境への負荷を減らす重要な課題のひとつです。フレンチトーストを作る際には、余ったパンを再利用することでフードロスを防ぐことができます。硬くなったパンや焼け残ったパンを利用することで、新たにパンを購入する必要がなくなり、無駄を減らします。また、果物やナッツ、シード類の残りもトッピングとして活用できます。例えば、見た目が悪くなっただけでまだ食べられるバナナやリンゴなどの果物をスライスして使用する、余ったナッツを刻んでトッピングにするなど工夫が可能です。これにより、家庭内での食品廃棄を最低限に抑えることができ、持続可能な食生活に貢献できます。

筆者が経営する「フレンチトースト専門店せるくる」では、同じ島根県の出雲市にある「まるべりー工房」さんとのパートナーシップにより、フードロス削減の取り組みを進めています。 
まるべりー工房さんが焼かれる天然酵母の『ほんもの食パン』。
廃棄されてしまうこの食パンの端(耳)をせるくるで仕入れ、『SDGsなフレンチトースト』を作っています。 

▼スライスした食パンの「両端」の耳。
パンの耳  

地元産食材の利用

地元産の食材を活用することは、エコで持続可能な食生活を維持するために非常に重要です。地元産食材は輸送にかかるエネルギーを削減するだけでなく、地域経済を活性化する役割も担っています。地元の農産物市場やファーマーズマーケットを活用して、新鮮で安全な食材を入手することが推奨されます。たとえば、地元で採れた有機卵や牛乳を使用することで、品質の高い材料を手に入れることができ、フレンチトーストの風味や栄養価を向上させることができます。また、地元産の季節の果物をトッピングに使用することで、自然の恵みを感じる一皿を作り上げることができます。地元の生産者から直接購入することは、農家を支援し、地域の持続可能な農業の発展にも繋がるため、一石二鳥です。
 

プラスチックフリーの調理と保存方法

現代社会において、プラスチック汚染は主要な環境問題となっています。私たちの日常生活において、プラスチックフリーの調理と保存方法を取り入れることは、環境負荷を軽減する効果的な手段です。本記事では、プラスチックフリーの調理器具と持続可能な食品保存方法について詳しく説明します。
 

プラスチックフリーの調理器具

プラスチック製品を避けるために、まずは調理器具の見直しから始めましょう。持続可能な調理器具の選択肢として、以下のようなものがあります。

ステンレススチール製品は一例です。この素材は耐久性が高く、長期間使用することができます。また、ステンレススチールはリサイクルが可能なため、環境負荷が低いです。フライパンや鍋、包丁などをステンレススチールに変えることで、プラスチックの使用を減らすことができます。

竹や木材もまた、優れた選択肢です。たとえば、竹のまな板や木製のスプーン・フォークは、自然素材であり使用後も生分解性があるため、環境にやさしいです。さらに、木製の器具は温かみがあり、食卓に自然な風合いを加えてくれます。

陶器やガラスの器具もおすすめです。特に耐熱ガラス製のボウルや計量カップは、電子レンジやオーブンで使えるため、非常に便利です。ガラスはリサイクル率が高く、非毒性素材としても知られています。
 

持続可能な食品保存方法

次に、プラスチックフリーを実現するための食品保存方法について考えてみましょう。プラスチックラップやプラスチック製のタッパーウェアに代わる持続可能な選択肢が存在します。

まずは、ビーワックスラップの活用が一つです。ビーワックスラップは、オーガニックコットン布に蜜蝋を染み込ませたもので、食品を包んで保存する際に非常に便利です。蜜蝋は天然の防水性と抗菌性を持っており、繰り返し使用できるため、非常にエコフレンドリーです。

次に、ガラスやステンレススチールの保存容器を使用することが挙げられます。これらの素材は長寿命で、何度も繰り返し使うことができます。特にガラス容器は透明で内容物が一目で確認できるため、保存した食品の管理がしやすいという利点があります。

また、シリコーンラップも有効です。無害で再利用可能なシリコーン素材は、耐熱性があり、さまざまなサイズや形状の容器にフィットします。これにより、プラスチックラップの代替品として非常に活用しやすいです。

最後に、食品保存袋に代わるものとして、オーガニックコットン製の保存袋が利用できます。これらの保存袋は通気性があり、野菜や果物の保存に適しています。また、洗って再利用できるため、環境負荷を軽減することができます。

持続可能な食品保存方法を取り入れることで、日常生活におけるプラスチック使用を大幅に削減することが可能です。小さな取り組みから始めることで、持続可能な未来に向けた大きな一歩を踏み出すことができます。
 
 

エコなフレンチトーストの作り方

エコなフレンチトーストは、美味しさと環境への配慮を両立させるための特別な料理です。ここでは、持続可能な食生活の一環としてエコなフレンチトーストの作り方を詳しく解説します。
 

材料の準備と選び方

最初に重要なのは、材料の選定です。エコなフレンチトーストには、オーガニックな食材や地元産の食材を選ぶことをお勧めします。オーガニックのパンや卵を使用することで、化学肥料や農薬の影響を少なくし、地元産の食材を選ぶことで輸送による二酸化炭素排出を抑えます。また、地域の農家をサポートすることにもなります。パンは古くなったものでも構いません。これによりフードロスを減少させることができます。
 

フレンチトーストの調理手順

フレンチトーストの基本的な調理手順は簡単ですが、エコな方法を心掛けましょう。まず、古くなったパンを適度な厚さに切り、卵、牛乳、少量の砂糖を混ぜた液に浸します。ここで使用する卵と牛乳はオーガニックなものを選びましょう。次に、フライパンを中火で温め、少量の植物油またはバターを熱します。エネルギー効率の高い調理器具を使うとさらにエコになります。パンを液に浸した後、フライパンで両面がきつね色になるまで焼きます。この時、無駄なガスや電気を使わないよう注意してください。
 

美味しさとエコを両立するトッピング

トッピングにもエコな選択肢があります。地元産の果物やオーガニックのシロップを使うと、美味しさと持続可能性を両立させることができます。例えば、はちみつやメープルシロップ、季節のフルーツを選ぶといいでしょう。これにより、輸入食材に依存せず、地域の農家をサポートすることができます。
 

エコ料理を楽しむためのヒント

エコ料理を楽しむためには、いくつかのポイントがあります。まず、料理をする際には無駄を減らすことを意識しましょう。例えば、食材の皮や芯も有効に利用する方法を考えてみてください。コンポストを利用して家庭ごみを減らすことも効果的です。料理を楽しみながらエコを意識することで、持続可能な生活習慣が身についていきます。
 

家庭での持続可能な料理習慣

家庭での持続可能な料理習慣を築くためには、計画的なメニュー作成が重要です。一週間の食事計画を立てることで、買いすぎや食材の無駄遣いを防ぐことができます。また、冷蔵庫の中身を常に把握しておき、必要な分だけ購入する習慣をつけましょう。これにより、食品ロスを大幅に減らすことができます。
 

エコ料理を広めるコミュニティ活動

エコ料理の普及には、コミュニティ活動が大切です。地域のエコイベントやワークショップに参加して、持続可能な料理方法を共有しましょう。料理教室を開くことで、他の人々にもエコな料理を広めることができます。また、オンラインコミュニティを活用して、情報交換やレシピの共有を行うのも良い方法です。
 

環境にやさしいレシピの探し方

現在、多くのオンラインプラットフォームで環境にやさしいレシピが紹介されています。これらのレシピを参考にし、持続可能な食生活を実践しましょう。信頼性のあるウェブサイトやアプリを活用し、自分に合ったエコなレシピを見つけることで、日常の食事をより環境に配慮したものにすることができます。
 

せるくる|フレンチトースト専門店

せるくる(公式ホームページ)|フレンチトースト専門店

お取り寄せができる天然酵母のフレンチトースト専門店せるくるでは、島根の松江から全国の皆様にいつでも楽しく安心してお召し上がりいただけるよう、厳選【無添加】食材のみを使用しています。焼き立てを急速冷凍し美味しさを凍じ込めるため、無添加でも長期間保存でき、温めるだけで簡単に焼き立ての味わいをお楽しみいただけます。

店名 せるくる
住所 〒690-0001
島根県松江市東朝日町627-3
電話番号 0852-33-7786
営業時間 毎週日・月曜以外 10-17時
下記のカレンダーをご確認ください
代表者名 尾添 哲也(オゾエ テツヤ)
E-mail info@serukuru.net

コメントは受け付けていません。

メロンパンnaフレンチトースト
珈琲フレンチトースト

せるくる(公式ホームページ)|フレンチトースト専門店 自家製食パンのフレンチトースト専門店『せるくる』では【幸せな気持ちになれる最高のフレンチトースト】をお届けするために、北海道産の小麦粉や天然酵母をはじめ、使用する全ての原材料を無添加にこだわり、一つ一つ心を込めて作っております。出来たての味を閉じ込めた真空包装により冷凍庫で1ヶ月はおいしさそのまま保存していただけます。

〒690-0001
島根県松江市東朝日町627-3

/ 0852-33-7786

10-17時 定休日:日・月・火

MAPを見る
このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: フィードが見つかりません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。